日々のパレット

30代ワーキングマザーの雑記ブログ

友達と同じ服を着るのって嫌じゃない?

こんにちはヨシムラネコです。30代ワーキングマザーです。


毎日の通勤途中で、東京ディズニーリゾートへ行く人々と沢山すれ違います。


いつも気になってるコトがあります。
ディズニーへ行くであろう10代20代の若者、「友達とおそろいの服」を着ている人が多すぎませんか?


素朴な疑問です。
友達と同じ服着るのって、嫌じゃない⁈


いやね、わかるんですよ、わかってるつもり。
友達と同じ服で出かけるってイベント感あって楽しいし、何よりアレですよね? 
インスタ映え? するんですよねきっと!


それを踏まえた上でも、誰かと全く同じ服を着て歩くなんて私なら絶対イヤだけどなぁーーー。


「テイストを合わせる」ならいいんですよ。
〝全身黒〟とか〝ちょっと未来系〟(どんなだ)とか〝トップスは白Tでボトムはデニム〟とかね。そういう縛りがある中で自分を良く見せるには?って工夫するのは楽しい。


でもディズニーへ向かう若者たちは、グループ全員で同じ店で買ったであろう〝全く同じ服〟を着てたりするんです。


そうなるともう、単純に可愛いとかスタイルがいいとか、容姿のいい人の一人勝ちじゃないですか!


モデルさんでもない限り、自分に似合う服ってけっこう限られているもの。
スキニーパンツを履くなら脚が長くてほっそりしてる方が格好いいし、襟ぐりの深いトップスならグラマラスな方がやっぱりキマる。


自分に似合わない服を着るのって損なだけ。
ましてやその服がとっても似合う人が隣で歩いてたら、もう完全に自分は引き立て役!
そんなのイヤだイヤだ〜。


大人になると、似合わないとわかってるものにはまず手を出さなくなりますね。
すると必然的にいつも同じような服になるわけですが、それが自分の〝スタイル〟ってことです!


オソロイの服を着ている女の子たち。
目で追いながら、ついついその中で得してる(似合ってる)子を瞬時にジャッジしてしまう…。
そして損してる子へ「引き立て役になってるよ! あなたなら他の服でちゃんと一番になれるのに!」とか心の中で叫んでしまう。
お節介ですよね。暇人なんですかね…。


この話を夫にしてみたら
「〇〇はもうオバサンだね〜。全然わかってない。若いときは友達と同じ物を持つのがすっごく楽しいんだよ。忘れちゃったかもしれないけど。それに若い子って何着てても結局可愛いじゃん」
だとさ。

そら失礼しましたヨ!

 

では、また。

プライバシーポリシー