日々のパレット

30代ワーキングマザーの雑記ブログ

「ブログを書く」を習慣化させる方法は?

3月13日の記事内で「これから3か月毎日更新するぞー」なんて目標をかかげたのですが、さっそく昨日更新できず。早かった…。

ブログに限らないでしょうが、ものごとを続けるのに大切なのが「ペースを作る=習慣化させること」だと思ったので、そのことについて書いておきます。


平日は、とくに頑張らずとも更新できていたブログ。(と言っても始めてたかだか1週間ですけどね)
朝の通勤電車(40分間)の中でスマホでバーっと下書きをして、仕事のお昼休み中に形を整え、帰りの通勤電車内で読み直し、そのままスマホで投稿……という流れが出来ていました。

これは「ブログ書いてみたいなぁ」と思った頃にいくつか読んだ本の中で、有名ブロガーである染谷昌利さんが「(書くことを)日常生活に絡ませる」「毎日発生する何かと一緒にしてしまうことで続けやすくなる」と書かれていたのを参考にした方法でした。

 

通勤時間=ブログ書く

を習慣にしてしまえればいいなぁと。
で、それは割とうまくいきそうな気配。

問題は週末だ!
2歳児の子育て真っ最中の今、土曜・日曜は1人になる時間がまずありません。子どもの相手をしながらでもササッと文章書けちゃう人もいるんでしょうけど私にはムリーー。


ということで「週末」も含めてどう書くペースを作っていくか? が今の課題です。

とりあえず今日は「子どもが寝ている隙に…」ってことで朝4時半に起きてコレを書いてます。でもこの行動は習慣化できない予感。

・平日に、週末投稿する記事まで書いておく
・週末は投稿しない

など、何でもいいんだけど自分なりのペースを作りあげたいです。


「書くペース」といえば、小説家の村上春樹さんが長編小説をかくときは「毎日原稿用紙10枚分書く」と決めているそう。つまり4000字ですね。
「今日はイマイチのらないな」という日でもどうにか4000字書く。おもしろいのは「今日はノッてる!」という日でも4000字書いたら終わり。書きすぎないようにするんだそうです。
何十年も第一線で活躍する小説家が大切にしていることの1つが「ペースを守ること」というのはすごく興味深いです。


何はともあれ、私もペースをつかんで書くことを習慣化させたい。工夫してみよう。
こんなささやかなコトですが「何かに向かってる!」という感覚が楽しいです。

では、また。

 

 

 

 

プライバシーポリシー